ホーム >> インプラント >> インプラントとは?
インプラントとは、歯を失ってしまった部位に、あごの骨(歯槽骨)との親和性に優れた純チタン製の小さな人工歯根(インプラント)を埋め込んで強固な土台を築き、この上にセラミックなどの人工歯(クラウン)を装着する治療方法です。
 上部に装着するクラウンは、歯槽骨と結合したインプラントと、硬質合金のアバットメントによってしっかりと固定されます。

したがってインプラントは“見た目が美しいだけでなく、本来の自分の歯に近い感覚で力強く噛む"ことが可能となります。

  この上部のクラウンは、セラミックの他、硬質プラスチック(硬質レジン)、ゴールドなど、ご予算、装着部位に応じて素材を選択でき接合後も取替えが可能です。

  当クリニックが採用している、スイス『ストローマンインプラントシステム』は1974年に開発されて以来、世界40カ国以上で使用され、最も信頼されている世界的メジャーインプラントです。

鳥取市-みちだ歯科クリニック-インプラント

鳥取市-みちだ歯科クリニック-インプラント−アパットメント
インプラント治療

インプラントは骨の発育がほぼ完了する17才以上の方であればどなたでも受けることが出来ます。
年齢に上限はありません。
歯を1本だけ失った方から、すべての歯を失った方までインプラント治療はあらゆる症状に対応できます。
ただし以下の方は治療を受けることができません。

  • 重症の歯周病の方(まず口腔衛生状態が改善されてからの治療となります)。
  • 人工透析を受けておられる方
  • 重度の糖尿病の方
  • 骨粗鬆症の方で
      ビスホスホネート系のお薬を服用中もしくは点滴中の方
  • 顎骨の萎縮が高度に進行している方
  • 妊娠中の方
インプラント手術について
 インプラント手術は局所麻酔下でシングルタイプ(1本植立)の場合、切開から縫合まで30分程度で完了します。
入院の必要はありません。

 1回の手術時間は、植立本数、植立部位などを考慮しながら切開から縫合まで、2時間以内に完了できるように手術計画を策定します。

 植立するインプラントの本数により手術時間が長くなる場合には、患者さんの身体的・精神的ストレスを軽減するために患者さんの同意を得てから「静脈内鎮静法」を併用しております。

 当クリニックでは、手術が1回で完了するストローマンインプラントシステムを採用しております。
※手術内容により、2次手術が必要となる場合もあります。

鳥取市-みちだ歯科クリニック-インプラント

鳥取市-みちだ歯科クリニック-インプラント

2013年2月1日発売の週刊朝日MOOK「いい歯科インプラント治療医」を選ぶ!2013『みちだ歯科クリニック』が掲載されました。

インプラントネットでもみちだ歯科クリニック

『歯科診療も分割払いで』 Olico Webデンタルクレジット

 

 
 
駐車場のご案内