ホーム >> インプラント >> 他の治療法との違い
インプラントのメリット・デメリット
失った歯を補う治療には大きく別けて3つの方法があります。
取り外し式の「入れ歯」、固定式の「ブリッジ」「インプラント」です。
なかでもインプラントは入れ歯やブリッジの欠点を補う「歯に優しい治療方法」「第2の永久歯」とされています。

世界中で数百万人の患者さんがインプラントの恩恵にあずかっています。
ブリッジの特徴
鳥取市-みちだ歯科クリニック-ブリッジの特徴

鳥取市-みちだ歯科クリニック-ブリッジの特徴-歯を削った状態
<歯を削った状態>
鳥取市-みちだ歯科クリニック-ブリッジの特徴-ブリッジ装着
<ブリッジ装着>
ブリッジは失った歯が通常1〜2本の場合に行う治療法です。
歯のない部分を補うために両隣の歯を削り、連結したクラウンで橋をかけます。
1ヶ所の歯の治療のために両隣りの健康な歯でさえも相当な部分を削り取らなければなりません。

場合によっては歯がしみるのを防ぐためなどの理由で、生きた神経を便宜的に抜去する必要もあります。
また両隣りの歯でブリッジを支えるため過重負担となりやすく歯の寿命が縮まることもあります。

さらに、ブリッジと歯肉の間にできた間隙に食べ物が溜まりやすく、むし歯だけでなく歯周病や口臭の原因となることもあります。
入れ歯の特徴
「取り外し式の義歯」はおもに硬質プラスチック(硬質レジン)を使用します。
使用の際は留め金を両隣の歯や、歯を失った部位の反対側の歯に掛けて装着します。

入れ歯と歯肉の間に食べ物が入りやすく“噛む時に歯ぐきに痛みを感じたり、堅い物や弾力性のある物が噛みにくい"など食事メニューが制限されることもあります。

また、留め金は見た目を損なうだけでなく、それを掛ける歯への負担が大きく、虫歯や歯周病を併発して大切な健康な歯の寿命を縮めてしまうこともあります。
食事ごとのこまめな洗浄が必要で洗浄性の悪い分部は口臭の原因になることもあります。
鳥取市-みちだ歯科クリニック-義歯の特徴

鳥取市-みちだ歯科クリニック-義歯の特徴
インプラントのメリット・デメリット
〔メリット〕
適切に処置されたインプラントであれば、健康な両隣の歯を削ることなくクラウンがしっかりと顎骨内に固定されますので、見た目の美しさだけでなく本来の自分の歯とほとんど同じ感覚で強く噛むことが可能です。違和感・異物感もなく自分の歯の手入れと変わりません。
  総入れ歯のように多数歯を失った場合でも、入れ歯とインプラントを組み合わせることにより、強固な安定が得られ咀嚼能力が飛躍的に改善します。
歯を失ったことにより話すこと笑うことに抵抗があった方も、自然な表情を取り戻せます。
噛む機能が改善することで食べ物の制限が少なくなりバランスの良い食事が楽しめます。

楽しい食事は体を健康に保つだけでなく心までも健康にします。

〔デメリット〕
インプラント手術が必要です。保険がきかないため費用がかかります。全身状態や顎骨の状態などによりインプラントが適さない場合もあります。またインプラント治療後のアフターケアも重要です。
こんな方にインプラント治療をおすすめします
  • ブリッジをするために、健康な歯を削りたくない。
  • 一番奥の歯が抜けているため、ブリッジができない。
  • 抜けている歯の数が多く、ブリッジでは支えきれない。
  • 審美的に入れ歯を使うのに抵抗がある。
  • 入れ歯が気持ち悪くてどうしても装着できない。
  • 入れ歯の取り外しがわずらわしい。
  • 入れ歯が合わなくなった。
  • 交通事故やスポーツ外傷などで歯を失ってしまった。
鳥取市-みちだ歯科クリニック-インプラント治療をおすすめします
    <当クリニック治療例>
※インプラント治療が適さない場合もあります。まずは歯科医師にご相談ください。

2013年2月1日発売の週刊朝日MOOK「いい歯科インプラント治療医」を選ぶ!2013『みちだ歯科クリニック』が掲載されました。

インプラントネットでもみちだ歯科クリニック

『歯科診療も分割払いで』 Olico Webデンタルクレジット

 

 
 
駐車場のご案内