ホーム >> インプラント >> 精神鎮静法
精神鎮静法
笑気吸入鎮静法
30%笑気、70%酸素を専用の吸入装置を用いて鼻マスクから吸入することで歯科治療に対する不安感などの精神的緊張を和らげる鎮静法です。

高濃度の酸素を吸入するため高血圧などの循環器疾患をお持ちの患者さんにも適しています。

また、歯型取りなどの時に生じる不快症状(嘔吐感)を抑制する作用もあります。

鳥取市-みちだ歯科クリニック-笑気吸入装置
静脈内鎮静法
静脈内鎮静法とは静脈内に安全な量の短時間作用型鎮静剤を点滴で少しづつ投与することにより、不安や恐怖心を和らげ患者さんに快適な診療環境を提供する方法です。

体感的にはレム睡眠(脳がリラックスしたα波の状態)のような感覚で、意識はありながら鎮静状態を得られ、手術中のストレスを忘れてしまう健忘効果もあります。

この方法は生体モニター(呼吸や脈拍を監視する装置)を使用して行います。静脈内鎮静法は全身麻酔とは異なり、副作用や後遺症などの心配もないので医療の分野で広く使われております。

鳥取市-みちだ歯科クリニック-生体モニター

鳥取市-みちだ歯科クリニック-インプラント手術風景

2013年2月1日発売の週刊朝日MOOK「いい歯科インプラント治療医」を選ぶ!2013『みちだ歯科クリニック』が掲載されました。

インプラントネットでもみちだ歯科クリニック

『歯科診療も分割払いで』 Olico Webデンタルクレジット

 

 
 
駐車場のご案内