ホーム >> インプラント>> インプラントQ&A
インプラントQ&A
  01) インプラント治療は何歳から受けられますか?
  02) 顎の骨を削るのがとても怖いんですが。
  03) 治療期間はどれくらいかかりますか?
  04) インプラントをあごの骨に装着して体に影響はありませんか?
  05) 歯科以外に疾患がある場合、治療は受けられますか?
  06) 事故やスポーツが原因で歯を失った時でもインプラントで治せますか?
  07) インプラントはどれくらいもつのでしょうか?
  08) 外観からインプラントをしていることがわかりますか?
  09) 将来寝たきりになったらどうですか?
  10) インプラントの手術は安全なのでしょうか?
  11) 抜歯してどのくらいの期間でインプラントの手術ができますか?
  12) 手術時間はどれくらいですか?
  13) 術後に注意することは?
  14) 痛みや腫れはありますか?
  15) 治療後は普通に噛めますか?
  16) 現在採用しているインプラントについて教えてください
  01) インプラント治療は何歳から受けられますか?
 
骨の発育が完了する17歳以上の方であれば、どなたでも可能です。
年齢に上限はありません。

当クリニックでは70歳以上(最高年齢84歳)の多くの患者さんにご利用いただき、
良好な成績を残しております。
   
 
  02) 顎の骨を削るのがとても怖いんですが。
 
お気持ちはよく分かります。
今まで実際にインプラント治療を受けられた方に直接お話を聞かれるのが一番だと思います。また当クリニックの患者様の声を参考にしていただければと存じます。
   
 
  03) 治療期間はどれくらいかかりますか?
 
手術方法、先行手術、骨の状態によっても異なります。
さらに検査やむし歯・歯周病・噛み合わせの治療などがあれば、その治療などの期間も加えると長くなる場合もあります。
一般的にインプラント手術後、約4ヶ月〜7ヶ月でクラウンまで完了します。
 
  04) インプラントをあごの骨に装着して体に影響はありませんか?
 
人体になじみやすく腐食しないもので、生体と親和性に優れた純チタンを使用するので体に悪い影響はありません。
チタンは整形外科分野で人工関節などにも広く使われています。
   
 
  05) 歯科以外に疾患がある場合、治療は受けられますか?
 
疾患の程度によって手術が難しいこともあります。

重度な糖尿病、骨粗鬆症、甲状腺疾患、循環器疾患、人工透析の方など、その主治医の意見、疾病の程度、服用薬などを参考に総合的な判断が必要となります。
 
  06) 事故やスポーツが原因で歯を失ったときでもインプラントで治せますか?
 
もちろん治せます。

事故やスポーツで歯を失った場合は、周りの歯が傷ついていないことが多いので、これらの健康な歯を削らずに済むインプラント治療が第1選択となります。
 
  07) インプラントはどれくらいもつのでしょうか?
 
適切に処置されたインプラントは長期的に安定した状態を保つことが、30年以上の臨床実績により明らかにされております。

しかし、歯みがきが十分にできないでインプラントの周りに歯垢がついた状態にしていると周囲の骨や歯肉に炎症が起こることは天然歯と変わりません。
そのため天然歯と同様に毎日のセルフケアと定期検診でチェックを受けていただく必要があります。

またインプラントの上部に取り付けたクラウンは構造上ある程度の寿命がありますので、調整や補修・作り替えが必要な場合があります。
   
 
  08) 外観からインプラントをしていることがわかりますか?
 
従来の取り外しの入れ歯のような金属製バネなどは一切使用しません。クラウンの色や大きさも患者さんの希望に即し、精密に作製しますので天然歯とほとんど見分けがつきません。
   
 
  09) 将来寝たきりになったらどうですか?
 
インプラントは周囲の骨への炎症が少ないため歯肉の健康状態は保たれやすく、
1週間に2〜3回程度介護の方に口腔清掃していただければ問題ありません。
訪問歯科によるお口のケアを受けることもできます。
 
  10) インプラントの手術は安全なのでしょうか?
 
手術前に各種の検査(必要あれば血液検査・CTスキャン撮影)を行い、顎の骨の形や全身状態を正確に把握し、神経や血管などに十分配慮しながら手術を行うので安全性に問題はありません。
治療に際して解剖学的理由などで手術が困難であったり、手術の安全性に問題がある場合にはその旨説明させていただきます。
必要に応じて大学病院をご紹介させていただきます。

また、手術中に手術の成功が疑われる場合には、歯科医師の判断で手術を中止させていただくことがありますのでご了承ください。
   
 
  11) 抜歯してどのくらいの期間でインプラントの手術ができますか?
 
一般的に1〜6ヶ月、抜歯部位に歯槽骨ができるのを待って行います。
場合によっては抜歯と同時にインプラントを植立することで、治療期間を短くすることも可能なので歯科医師にご相談ください。
 
  12) 手術時間はどれくらいですか?
 
手術時間は植立するインプラントの本数や手術部位によって異なります。
シングルタイプ(1本)であれば切開から縫合まで30分前後で完了します。
入院の必要はありません。

植立本数により、時間が長くなる場合でも、切開から縫合までの手術時間が2時間以内に完了するように、手術計画を策定します。
   
 
  13) 術後に注意することは?
 
歯科医師の指示を守り、飲酒、喫煙は控え安静にします。
また過度なブラッシングは避けお口の中を清潔に保ちます。
 
  14) 痛みや腫れはありますか?
 
麻酔をしますから手術時にはほとんど痛みはありません。
手術状況により、術後は多少の痛みと腫れがでる場合もあります。
とはいっても、通常の場合、痛み止めと抗生物質を飲んでいただければ
数日でおさまる程度です。
 
 
  15) 治療後は普通に噛めますか?
 
天然の歯と同じように何でも食べられます。
インプラントのクラウンはぴったりと固定されていますので心配ありません。
 
  16) 現在採用しているインプラントについて教えてください
 
(1)ストローマンインプラント(スイス)
ストローマン・ジャパン株式会社(スイス)
    手術1回法
30年以上の臨床実績に基づき、世界で多くの臨床医に支持されているシステムです。
     
    (2)アストラテックインプラント(スウェーデン)
アストラテック株式会社(スウェーデン)
    手術2回法(完全埋入型)
医薬品業界における世界的リーディングカンパニーであるアストラゼネカグループの一員であるアストラテック社によって製造されているシステムです。
     
    (3)バイコンインプラント(アメリカ)
バイコンジャパン株式会社(アメリカ)
    手術2回法(完全埋入型)
25年の臨床実績に基づき世界60カ国以上で採用されております。
バイコン社が提供するインプラントの生物学的治癒形態は、近年'プラットフォームスイッチング'として注目されているシステムです。
     
    (4)ジンマーデンタルインプラント(アメリカ)
ジンマーデンタルインプラント(アメリカ)
    Zimmerデンタル社の母体はZimmer社(アメリカ)であり、人工関節(膝や股関節)など整形外科分野のインプラントでは歴史と実績がある世界的トップメーカーです。
Zimmerデンタル社はなかでも、歯科用インプラントの開発を専門とし、その製品は本国の米国をはじめ、世界各国の大学や病院で広く使用されています。
 

2013年2月1日発売の週刊朝日MOOK「いい歯科インプラント治療医」を選ぶ!2013『みちだ歯科クリニック』が掲載されました。

インプラントネットでもみちだ歯科クリニック

『歯科診療も分割払いで』 Olico Webデンタルクレジット

 

 
 
駐車場のご案内